読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山内視弘お絵描き躁鬱人生

日々の出来事、闘病記、絵の事などをのんびりと。

絵と私②

絵と私について。

前回は小学生までをお話しした。今回はその続き、中学生編をお話ししよう。

 

中学校に上がった僕は相変わらず絵を描くことが好きだった。学校の方針で部活動に強制的に所属しなければならないというルールがあり、僕は美術部に入ろうと考えていた。しかし、家族は僕の意見はガン無視で結局、兄と同じハンドボール部に入部した。自分の好きな事とは程遠い、むしろあまり好きではない分野の部活に入ってしまったが、部活は部活、絵は絵。と、区別して絵は描き続けた。

中学生になると絵を描く人は絞られてくる。中学時代といえば思春期真っ盛り。絵を描くなどという陰キャラが好みそうな趣味は、できればしたくないものだ。だから絵を描くことを大っぴらにする人はこの頃からグッと減った。僕はというと、むしろ大っぴらにして描いていた。褒められることが自分にとって一番モチベーションに繋がっていたから。ただ、やっぱり中学生にもなると嫉妬心が芽生えてくる。僕も絵がうまいやつに対して嫉妬したし、逆に嫉妬をされているような発言もされた。逆にそれがやる気に繋がったが。

この頃は漫画のようなキャラクターばかりを描いていた。中学生になって、流行りのアニメや漫画を見るようになったので、その影響かもしれない。今は女の子のような絵を描くことがほとんどだが、中学の頃はゴリゴリのマッチョメンを毎日描いていた。あと、仙人のような老人を描くのも好きだった。男性を描くのが、この頃は好きだったのである。しかし、どれも完成した一枚絵などではなく、鉛筆やシャーペンで描かれた落描きばかりだった。当然色付けもしていない。できなかったのだ。

絵が好きだったので、美術の授業は好きだったし得意だった。他の教科はほとんど最低評価だったが、美術だけはいつも評価が高かった。一年次の彫刻の課題では町の文化センターに展示されたこともある。他のポスター制作の課題、似顔絵、ミクストメディアの課題でも周りから「すごい、すごい」言われていた。勉強もスポーツも得意ではなかったが、絵に関わることでは唯一賞賛を浴びることができたのである。

しかし、中学時代も自分よりも絵がうまいやつがいて悔しかった。ひたすら嫉妬しまくった。でも僕は嫉妬して立ち止まるタイプの人間ではなかった。むしろ「この野郎!」と、頑張るタイプだったのだ。だから嫉妬するたびにたくさん絵を描いた。それは今も変わっていない。

結局、自分よりも絵のうまいやつを追い越そうと頑張ったものの、追い越すことはできず、中学校を卒業した。

 

 

今日はここまで。次回は高校編。

それではおやすみなさい。